MCTオイル(中鎖脂肪酸)の特徴と効果とは?

MCTオイルはスーパーで手軽に手に入りダイエット為のオイルとして注目されています。
まずは、MCTオイルとは何なのか?紹介します。
「MCT」とは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglycerides)の頭文字のこと。

中鎖脂肪酸は、MCTオイルは天然の中鎖脂肪酸100%で構成されており、天然のココナッツ
オイルでも約60%とMCTオイルの純度が高いことが特徴です。

MCTオイルの構成成分である中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べて約半分の長さしかありません。
非常に消化・吸収されやすく、長鎖脂肪酸の約4倍もの速さで分解される特徴を持っています。
そして、MCTオイルは、摂取するとすぐにエネルギーとして使われるので、ダイエットの敵である
体脂肪が蓄積されにくい脂なのです。

さらに、MCTオイルを取る大きなメリットは、ケトン体質になれることです。
実は、生きるために必要なエネルギーを生産する2つの回路を持っています。

① 糖質回路

糖質やタンパク質を分解してできるブドウ糖を燃料にする

② ケトン体回路

脂肪を分解してできるケトン体を燃料にする

当然ながらケトン体回路を使う方が脂肪が燃焼されるので、ダイエットに効果があります。
MCTオイルを取ると、体内にブドウ糖が十分にあっても、ケトン体回路が活発に働くようになります。

そうすることで、体内に蓄積した脂肪が効率よく燃焼されるようになるわけですね。
MCTオイルをとることで、ケトン体質になることはダイエット成功に秘密になるわけですね。

MCTコーヒーダイエット

 

Comments Off on MCTオイル(中鎖脂肪酸)の特徴と効果とは?

Filed under 基礎知識